Loading...

昼は子供と…夜は大人と行きたい高塔山公園の魅力[日本夜景遺産]

行きたい街・住みたい街をテーマに街の魅力を紹介する「iko-sumo.jp」、今回は北九州市若松区にある日本夜景遺産にも登録されている「高塔山公園」の魅力をご紹介します。

都会の喧騒に疲れたら、自然に癒やされたい…そうだ!高塔山公園に行こう

 と、いうことで早速やってきました高塔山公園。

春は桜が咲き誇る名所、夏は若松あじさい祭り

もう少しすると、辺り一面あじさいになるそうです。春は桜の名所として、夏は若松あじさい祭りなどの色々な催しが行われています。

山頂へ向かう道路は安心の一方通行

山道って道路が整備されていない危険なイメージありますよね

antique-miscellaneous-goods-cafe01

公園へ上りの道中…対向車が来ないか結構ヒヤヒヤしたのですが、山頂に着いてあることに気づきました。なるほど…これなら対向車は来ませんし、何より安心して運転できますね。山頂に到着すると…

目の前に広がる広々とした無料の駐車場

コチラは第1駐車場、奥に第2、3駐車場とゆったり安心

antique-miscellaneous-goods-cafe01  

駐車場から多目的広場へ、ワイルドな草そり場発見!

そりの準備をお忘れなく、ワイルドな体験が待ってます

antique-miscellaneous-goods-cafe01

草そり場??なんだか懐かしいなぁ…家族で行ったピクニック、草そりの思い出がよみがえります。

その側には草野球ができそうな広場♪

親子キャッチボールなんて、素敵な休日の思い出づくりに♪

antique-miscellaneous-goods-cafe01

ボール遊びができる広場も年々減ってきているので、こういう空間は嬉しいですね。

ストレッチやトレーニングするなら健康広場

外周250m、ランナーに優しい健康を愛する人にやさしい設計

antique-miscellaneous-goods-cafe01

リラックスできる健康関連の器具がズラリ、眺めの良い山頂で美味しい空気と一緒にどうぞ。

かっぱ封じの地蔵尊

若松といえば火野葦平とかっぱ伝説、いたるところにかっぱを発見

若松はなぜ河童で有名なのか・・・かっぱ伝説ならどこの地域でもあるのですが、火野葦平という若松出身の小説家が河童の登場する作品を多く取り上げ、「まんが日本昔ばなし」で「かっぱ地蔵」というタイトルになるほどなのです。

antique-miscellaneous-goods-cafe01

若松には昔からかっぱ伝説が…いるかないかはあなた次第!

antique-miscellaneous-goods-cafe01

あらゆるところにかっぱを見つけました!他にも…かっぱが潜んでいるかもしれないので、ぜひみなさん探してみてください。

かっぱ地蔵の隣にある絶景展望台

北九州市の魅力が詰まった景色を一望、デートスポットとしても大人気

antique-miscellaneous-goods-cafe01

展望台に上がると壮大な景色が広がります!ここからの眺めは若戸大橋を始め、八幡から戸畑〜小倉までの製鉄所などの工場〜遠くに門司〜下関まで見渡せます。

日本夜景遺産に登録されている「工場夜景」を楽しむ展望台

昼から一変、若戸大橋を走る車のライトや工場夜景でロマンチックムード

antique-miscellaneous-goods-cafe01

昔からから親しまれているこの夜景、なんと平成25年7月に日本夜景遺産に登録されました。この時、男3人でしたが…色々と吹っ切れる美しさでした。

まとめ:高塔山公園の3大魅力

①【豊かな自然】家族も大満足、アクティビティの充実

②【伝説】男のロマン!?「河童伝説」

③【日本夜景遺産】北九州ならではの「工場夜景」が見える展望台

 自然だけじゃない、草そり〜かっぱ…懐かしい思い出、男のロマンに触れる事ができました。多目的広場や健康広場、お子様からお年寄り、お子様連れのご家族まで、幅広い年齢層に楽しんでもらえること間違いなしです!

休日は高塔山公園おすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

IKO-SUMO Seriesこの記事と同じシリーズ

このページの上へ