Loading...

北九州の魅力発信!地域と共に成長する千草ホテル

「行きたい街・住みたい街」の視点で発信する「iko-sumo.jp」。今回は、「住もう」のための「就活企画」。大好きな北九州エリアの就職を夢見る結び女の3人が「就活女子と地元企業トーク[千草ホテル]」第2弾をお送りします。

まだまだ知らない地元企業の世界にようこそ!

大好きな北九州で就職を夢見る結び女の植本、田村、中川、田中です

地域との関わりについてお話を伺いたいと思います。

引き続き「2014年に100周年を迎えた北九州市が誇る老舗の千草ホテル」さま

北九州で100年以上続けることに価値があるとお話いただきました[前回の記事]小嶋社長に、さらに聞いていきたいと思います!

北九州の発展こそが千草ホテルの成長

北九州のまちが賑わなければ、商売を続けることは出来ません

北九州は、子育てしやすいエコタウン

政令指定都市[せいれいしていとし]は、日本の大都市制度の1つ。2018年[平成30年]現在、全国に20市が存在するうちのひとつである北九州市。環境・リサイクル産業の振興を柱とする「北九州エコタウンプラン[経済産業省と環境省の承認]」を策定し、北九州市全域において具体的な事業に着手しています。

※エコタウン事業とは、「あらゆる廃棄物を他の産業分野の原料として活用し、最終的に廃棄物をゼロにすること[ゼロ・エミッション]」を目指し、資源循環型社会の構築を図る事業。

観光地になりうる場所も数多く存在

映画やドラマの舞台としても数多く利用されているんです

小嶋社長は、もっと北九州の魅力を発信していく必要があるとおっしゃっていました。千草ホテルとしても発信する必要性を強く感じていました。

地域のコンテンツ自社の取組みについて

おもしろい街に人は集まる、住みやすい街は定住に繋がる

「地域のコンテンツと千草ホテルが協力することで何か良いことができれば!」という想いから、様々な取り組みを行なっているそうです。「行こう住もう」にも通じるとても有意義なお話です。

具体的にどういうことを行なっていますか

「ホテル周辺に観光地や飲食店ってあるの?」という不安を解消すべく、HPに観光マップを掲載しています。また、近隣にあるおすすめの飲食店を積極的に紹介しているそうです。また、地元の美味しい食材を発掘して、ホテルの料理としてお客様に提案しています。地域の発信を「食」を通じて取り組んでいます。

私たちが印象に残った「夢のクリスマスケーキコンテスト」

「こんなクリスマスケーキがあったらいいなぁ」を絵に描いて参加すると、大賞作品は実際に千草ホテルのパティシエが本物のケーキにしてプレゼントしてくれるそうです!子供たちを対象にした、とても夢のある素敵な企画ですよね。

千草ホテルが地域に愛される秘訣は、地域との交流を大切にし、地元を盛り上げる姿勢ではないかと思いました。また、小嶋社長のお話を聞き、北九州の魅力を発信していく必要性を改めて感じました。

結び女としても「行こう住もう」を通じて、私たちが感じる北九州の魅力を発信していきます。

まちと共に成長してきた「株式会社千草」さま。 今後はどのように北九州を支える存在となるのでしょうか。

ここから、今後の展望について聞いていきます

ホテルなのに農業への高い関心!?

食材を作るところから関わっていきたい…熱い眼差しの小嶋社長

中国の経済成長が著しく上昇している現在、食材の原価も上昇しています。さらに、日本の食料自給率の低さに危惧を感じます。自然な流れから、自分たちで食材を作ることに目を向けています。食材を自作することで輸送費がかからず、コスト削減もできる。さらに、生産者の顔が見えるので安全・安心。さらに、美味しいさをお客様に胸を張って伝えることもできる。

食べることは、人として大切なこと

食に関するリサイクルの輪を広げたい

千草ホテルの食料リサイクル率は、なんと98%!

常日頃から大量の食材廃棄をどうにかしたいと考えてたところ、北九州のエコタウンで食材廃棄をたい肥にできることを知ることに。さらに、そのたい肥を使用する農家さんから、食材を購入、その食材で料理を作っています。

まさに、これこそが“食のリサイクル”

この“食のリサイクル”を北九州の良さとして都市ブランドへと繋げていきたいそうです。地元でこれから農業を始める農家さんにはたい肥を提供して、その農家さんからも購入していくそうです。

地元を大切にされている小嶋社長ならではのお話を聞くことができました。私たちの想像を超える素晴らしい取り組みをされていて、本当に素晴らしいと感じました。

次回は、「求める人材、就活生へのメッセージ」についてお聞きしたいと思います。

第3社_1回:『「千草ホテル」の歴史と仕事の向き合い方』

第3社_2回:『「千草ホテル」と地域の取り組み、北九州の魅力について』

第3社_3回:『「千草ホテル」が感じる求められる人材と就活生へのメッセージ』

就活女子と地元企業トークの一覧はコチラ。あわせて、北九州の八幡東エリア情報もお見逃しなく。

ちなみに、「結び女」による西南女学院大学関連のトピックはもう読みました?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

IKO-SUMO Seriesこの記事と同じシリーズ

このページの上へ