北九州市と近郊の新型コロナウイルス情報

感染拡大をみんなで防ごう!
こまめに手洗いうがい、咳エチケット、ソーシャルディスタンス、今できることからはじめよう!
毎日の暮らし、仕事や職場で、知っておきたい各自治体の情報ページをまとめています。

  • TOP
  • 人生初!大学のリモート授業に参加して語ってみた

人生初!大学のリモート授業に参加して語ってみた

ひと 八幡東区

 

行きたい街・住みたい街をテーマに街の魅力を紹介する「iko-sumo.jp」。こんにちは、ササキユウカです(^o^)/

月某日、ひょんなご縁から八幡東区にある九州国際大学の現代ビジネス学部「地域づくり論のリモート授業」参加することに!ここで素朴な疑問…、

なぜ「行こう住もう編集長のササキ」が大学のリモート授業に?

今年のはじめに、行こう住もうに熱いメッセージをいただいたご縁がきっかけでした。

生まれ育った愛する我が故郷の八幡東区も、時の流れとともに元気がなくなっているようでなんだか寂しく感じる日々。大好きな地元の一大行事「起業祭」も年々盛り上がり具合?が減ってきているような…ないような…。

「なんだかこんなの悲しいよ…」と心の中のリトルササキが叫んでるw。ライターを志すきっかけをくれたのも八幡東区だったから余計にね。そんなわたしに今回の朗報「地域づくり論のリモート授業」!小野山さんからのお誘いは願ってもないチャンスだったのでした!!

そんな小野山さんをここで少しご紹介。八幡東区の千草ホテルで働く傍、地域を活性化させる活動「結(ゆい)[リンク]」、「ヤハタイエメシ応援企画[リンク]」)など数多くのプロジェクトを手がける、とても熱くて顔の広いお方なのです。そんな小野山さん曰く「私は北九州の歩くフリー素材なの」。

小野山さん[北九州の歩くフリー素材](笑)

新型コロナウイルスが北九州に猛威を振うギリ直前、初めてお会いしてご挨拶しました。そのときご馳走になった千草ホテルのランチがコチラ。千草特製オリジナルのボローニャ、あぁ〜また食べたい…思い出すとお腹がなりますww!美味しいランチ本当にごちそうさまでした![千草ホテルレストラン

思えばわたしのインターン時代、先輩ライターたちに同行させてもらった先は千草ホテルさんだったな。(遠い目)

その後はSNSを通じてコミュニケーションする関係に。そんなある日、コロナの猛威が少し落ち着いたこのタイミングでリモート授業のお話になりました。

人生初の授業!しかも!!リモート!!!きちんと話せるかなぁ…私

 見てるの?聞いてるの?伝わってるの?次第に高まる緊張感…

特別講師の小野山さんと勢いでゲスト参加のわたしの対談からスタートしました。

そりゃあもう、編集長として!事前の準備には念には念を入れましたよ!

「どんな質問がくるのかなぁ」「こう来たらこう!ああ来たならこうしよう…、そもそも盛り上がるのかなぁ…」なんて、大学の授業に講師側として参加するなんて緊張しかないw!しかも、「行こう住もう編集長のササキ」としての参加なんてプレッシャーに拍車がかかりますw。でも、そんなササキは人見知りしないタイプなので出ちゃうと勢い任せなの[笑&汗]

今回、受講していただいたありがたい学生さんはなんと16名。

さすがリモートの図w。顔出ししてたり、してなかったり、マイクもオンとオフが自由に選べるので基本はかなり静かな環境。人生初リモート授業のない私からすると、初めはなんだかちょっと不気味かも…(u_u)、聞いているのか、見てくれているのか少し不安になります。

そもそも大学の授業をしている気があんまりない!でも、これってなんだか新しい感覚!遠方の学生さんは、移動時間がショートカットできて効率的かも…って感じですね[前向き]。

最近はテレビ番組でもリモートが当たり前になっていて、可能性はまだまだ無限大かも。いろいろなことが当たり前にできる令和、ドラえもん的な近未来感が新鮮でした。

授業も無事終盤へ…もし、今やりたいことが見つからなくても大丈夫!

皆さんと同じ大学2年生の頃、なりたいものもやりたいものも全くなかったササキ

「今後、授業にどんな人を呼んで欲しいですか?」と尋ねると、どうかなぁ?と考え込む学生や、明確なビジョンを持って具体的に要望を語る学生がいたり。そんなキラキラした皆さんの姿勢に感動!!!すでにやりたいことがあるなんて…羨ましい!と、当時の自分が重なってすごく刺激になりました。

大学3年のインターンシップで大学の紹介ではなく、自分で必死に探して飛び込んだ今の職場。

当時、文学部でしたが「ライターになる勉強」は、全く経験がなかった平凡な大学生。ただ、文章を読み書きしたりすることは好きで、想像を膨らませたり素敵な妄想が得意だった。「生まれ育った地元をもっと知りたい盛り上げてみたい!」という気持ちだけは、なぜか当時から人一倍あったので、勢いと紆余曲折を重ねライターに、気づけば「行こう住もう編集長」に。

「念ずれば通じる」なんでも良いので没頭できれば、誰でもチャンスってあると思います。

「やりたいことを仕事にする」という本当のこと

ライターとして自立できるまで、期限つき3年間のチャレンジ

編集長とはいえ未経験で飛び込んだライターの世界、いちから経験と勉強で追われる修行の毎日w。まだまだライターとしてやることは山積みで、いろいろなことに挑戦しながら時には泥臭く奔走中。もちろん不安なこともたくさんありますが、没頭できる時間が何よりで、今はまだまだ諦めたくないのです。

「きちんと就職して、副業でライター」という選択もありましたが、本業としてやりたい仕事はライター。だから、それを諦めて最初から副業にする気はありませんでした。本日のご縁として、“こういう人も中にはいるんだなぁ”くらいに、胸に留めておいてもらえれば幸いです。(笑)

“仕事”と“志事”。

対談の中で、小野山さんがお話ししてくれた印象的な言葉

「“仕事”は、読んで字のごとく、「仕えてする事」。宮仕えじゃないですが、誰かに仕え、指示に従ってする作業。そして、ササキさんがやっているのは“志事”。「志を持って行うこと」。ライフワークであり、使命であり、自身を全うする業務。どちらも大切なのですが、“志事”を見つけることは難しいことです。

というものがありました。そんな言葉があるのか、わたしにとってライターって志事だったんだ。と思うとストンと落ち、“納得”と“安心”が胸に広がりました。「行こう住もう」が今のわたしの志事。これから一層の努力だな!と感じずにはまいられませんでした。(笑

今回お世話になった「九州国際大学の現代ビジネス学部」をご紹介

ローカルからグローバルへ羽ばたく活躍をモットーに!

現代ビジネス学部では、日本経済はもちろん地域社会のことを学びます。現代の社会にフィットした地域社会も企業も個人も、グローバル化への対応を学ぶこともできます。これからの社会で活躍するために、地域にしっかりと軸足を置きながら、世界レベルで考え、課題を解決へと導く力を養うことができる学部なのです。

他にもいろいろ学べる九州国際大学、サークルも活発なのでホームページでチェックしてください。

合わせて「行こう住もう」によるマイクロツーリズム記事もチェックしておこう。おうち時間には、[保存版]テイクアウト北九州・宅配グルメまとめで美味しいひとときを。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いたライター

ササキユウカ

北九州市八幡東区出身、行こう住もうの編集長。
休日は基本的にお外にいるお散歩リスト(osanporist)。
家にいるときは、食べ物か本か文章をイジってる。
最近はいちご飴と海ぶどうのASMRが好き。

同じカテゴリーの記事

行こう住もう特集

同じエリアの記事

編集部コラム

遠賀川沿いのコスモスはもうそろそろ見頃!!!

マイクロツーリズム

東アジア文化都市 2020北九州

PEAKS

人気ランキング

【保存版】子供と遊べる北九州の公園15選!体験レポート
【話題】ゆったりくつろげるカフェと絶品ケーキ[サウスルーム]
お手頃!インスタ映えする隠れ家的な雑貨屋[Slow zakka shop Dimple*]
フランス洋菓子カヌレ専門店 デボラ[DEBORAH]
ロマンチックな高塔山の夜景と理想のプロポーズ