Loading...

恋もみじ 築150年の古民家が映える木屋瀬の雑貨店

古き良き日本が感じられる、瓦屋根の建物

休日の昼下がり。なんとなくレトロチックな街の空気に触れたくなる時ってありませんか?なんだかちょっとセンチメンタルな気分。そんな心地よい寂しさを満たしてくれる場所、八幡西区の木屋瀬(こやのせ)をご紹介。

史料館、こやのせ座が立ち並ぶ旧長崎街道の宿場町で、3名の女性たちとすれ違いました。手元のかわいらしいもの、なんだろう!?…すごく気になるぅ…木屋瀬といえば、長崎街道的レトロチックな街並みのイメージしか持っていなかったわたし…(笑)

女性が出てきた先を見ると「恋もみじ」の看板屋が…

これは行かないわけには…(笑)

佇まいはTHE古民家。古き良き日本が感じられる、瓦屋根の建物です。

もこもこふわふわ看板犬の「小雪ちゃん」

引き戸の扉を開けた瞬間、足元にもこもこふわふわ!!
何かと思えば看板犬の「小雪ちゃん」がお出迎えしてくれました♪

改めて店内を見渡すと、

キラキラしたピアスやイヤリング、メモ帳や靴下などなど、かわいいモノからちょっとユニークなものまでてんこ盛り!

1階は小物、2階には食器類がずらりと並ぶ

こちらの恋もみじさん、雑貨は1階の小物たちだけではありません!2階には食器類もあり、目も楽しませてくれます♪
食パン形のお皿や、キャラクター形の柄の木スプーンなど、あまり見たことがないような珍しい食器などが出迎えてくれます♪

こちらの魅力たっぷりの雑貨屋さん「恋もみじ」について、店長の安永さんにお話を伺いました!安永さん、とってもフレンドリーな方で、面白いお話をたくさん聞かせてくださいました♪

築150年の立派な古民家

—— なぜ木屋瀬のこの地で雑貨屋さんをオープンしようと思われたのですか。

 

安永さん:私は木屋瀬の出身ではないんですが、この古民家が並んでいる雰囲気がとってもいいな、と思ってて。この建物も、実は築150年の立派な古民家なんです(笑)

この建物は以前お好み焼き屋さんだったんですが、その時からすごくいいなと思っていたんです。しばらくして売却に出ていたので、すぐに購入しました。

前職で雑貨のウェブマーケティング業務を担っていたこともあって、この雰囲気の中で雑貨屋さんをオープンしよう!と思ったことがきっかけです。

 

—— 古民家、良いですよね!恋もみじさん、外観からとっても惹かれました!

 

安永さん:築150年なんですけど、この雰囲気を壊したくなかったので、中の数か所だけリフォーム(階段の位置を変更する等)を行いました。お客さんもこの外観を見に来られる方も多いんですよ!女性はほとんど雑貨目当てなんですけど、男性のお客様で建築物が好きな方とかは、外観や内観の写真を撮りに来られたりします(笑)


 

「場所を借りたい」と言う要望も多いですね(笑)

それ以外にも、ライブを行いたいですとか、朗読会を行いたいですとか、ワークショップを行いたいですとか…古民家に魅せられた方々の「場所を借りたい」と言う要望も多いですね(笑)
 

木屋瀬の地をもっと多くの人に知ってもらわないともったいない!

—— いろいろな催しが行われているんですね!賑わいそう!
そういえば木屋瀬ってお祭りも多いですよね!どのくらい賑わいますか?
 

安永さん:これまでの木屋瀬のお祭りは外部からというより、近くに住む方々の参加が多かったんです。でも私はこの木屋瀬の雰囲気がとっても好きなので、もっと多くの方に木屋瀬の土地を知って欲しいと考えてるんです。例えば、夏に自分で企画した「蚤の市」ですとか! 地元の皆さんに、必死に呼びかけて実現しました(笑)この木屋瀬の地をもっと多くの人に知ってもらわないともったいない!って(笑)そしたらこの企画が大成功!今まででこんなに賑わったのは初めてだってくらいにお客さんが集まって、運営側もすごく楽しかったです♪

「着物屋」をオープンしようと計画中

—— お話だけで楽しさが伝わってきます♪
 

安永さん:また色々考えているところです♪お祭りだけでなくても、もっと木屋瀬を活かせることを!って思い「着物屋」をオープンしようと計画中です。蚤の市で「レンタル着物と着付け」の体験イベントを行ったら外国人の先生方に大好評で♪京都で歩いているみたいな!この街並みを着物で歩いたら気持ちいいと思うんですよね~~。
他にもコスプレ衣装の制作とかも請け負っています。この街並み、撮影にちょうどよさそうでしょ?色んな切り口から、多くの方に木屋瀬に来ていただけるような取り組みを行っています♪
 

古民家が並ぶ木屋瀬を、もっと多くの方に知っていただけるような取り組みをされている安永さん。
一つ一つのお話がとっても面白く、また古民家が与えてくれる優しいぬくもりに包まれ、つい長居してしまいました。
帰る頃には看板犬の小雪ちゃんとも大の仲良しです(笑)

かわいい雑貨だけでなく、ちょっと面白い、他の人とあまり被らないような(笑)雑貨も取り揃えられている「恋もみじ」さん。古民家のぬくもりの中で、雑貨探しをしていると時間も忘れちゃいそう…。

是非一度、足を運んでみてください♪

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

このページの上へ