Loading...

北九州の名所で紅葉狩り!秋の小倉城と河内藤園

行きたい街・住みたい街をテーマに街の魅力を紹介する「iko-sumo.jp」。こんにちは、ササキユウカです(^o^)/~皆さんの秋といえば…?いよいよ11月も終盤戦、いつだって秋は短いものですね[遠い目]。そんな秋に欠かせないのは…そう!「紅葉狩り」!

ということで、紅葉を求めて小倉エリアのシンボル「小倉城」周辺と、八幡東エリアの大蔵にある『実在する世界の美しい場所10』& 米CNNが選んだ「日本の最も美しい場所 」31選 にも選ばれた藤棚で有名なあの「河内藤園」に行ってきました。今回も写真初心者の私が一眼レフで撮影した写真なので、やさしい気持ちでお楽しみくださいm(==)m

アクセス抜群!北九州の名所「小倉城」周辺をぐるり紅葉狩り

小倉城ともみじの赤が織りなすコントラストが風流すぎる…

 JR小倉駅から徒歩10分、アクセス最高、申し分のない立地!小倉エリアの目玉といっても過言ではない大人気スポット「小倉城」。「行こう住もう」でもすっかりお馴染み[笑]、何度も取り上げられている「小倉城」。

 

そういえば…なんでもない日の小倉城周辺を散策したことがなかった私、「お正月の八坂神社…くらい!?」そんな関心の薄かった自分に驚きました。だって、高校時代は3年間きちんと小倉エリアに登校してたはずなのに。しかも「得パス」だったから、地元の八幡東区より小倉エリアに生息していた時間が長かったはずなのに。小倉城周辺ちゃんと回ったことがないなんて…[汗]。ということで今回じっくりと秋を求めて探索してみました。

七五三や撮影にもよく使用される、情緒溢れる城下風景

お団子とか人形焼き等の屋台を出したら、絶対に流行る気がしますね[笑]

 みなさん!「小倉城」の裏に行ったことがありますか?そんな私も…そもそも「小倉城」の正式な裏表事情に詳しくないのですが[笑]。「リバーウォーク北九州」から「北九州市立中央図書館」へ抜ける通りから見る「小倉城」が表だとした場合、そこを基準に「小倉城」の裏側にあたるエリア。ゆったりした散歩道になっていて、お散歩や休憩にもってこいなんです。その上、紅葉狩りも堪能できます。

ササキの紅葉予報:
綺麗に色づいてますが…すでに散り始めているので、この記事が出る頃には木が丸坊主になっている可能性が高いかも[笑]。意外と紅葉の命は儚いということを感じました。

趣き満点!期待度満点!!小倉城からの八坂神社の景観

ヘぇ〜こんな風に繋がってるんだぁ、通りを抜けると…八坂神社

妙に感心しつつも新しい発見にワクワクが募りました!足取りも軽くテクテク歩いていると、野良猫が一匹私の行く手を拒みました。

神社に偶然現れる野良猫…うわぁ〜マンガみたい!

あの追いかけたら全く違う風景に感動するやつ的な…って思ったのも束の間、流石の四足歩行…追いかけたらあっという間に逃げられました…。びっくりさせて、ごめんなさい…[息切れ]。

『実在する世界の美しい場所10』& 米CNNが選んだ「日本の最も美しい場所 」31選 にも選ばれた藤棚で有名な「河内藤園」

意外な穴場!拍手喝采の写真映え!世界も注目する「河内藤園」の紅葉

「紅葉と言えばどこが綺麗?」という質問に、大半の人は「小倉城」と答えると私は確信してます。少なくとも私の家族は、「小倉城」しか出てきませんでした[笑]。そう…やはり住んでいても知らないことって多いんです[こういうときに強く実感]!何気ない当たり前の質問ほど答えられない…地元民…[悲]。

八幡東エリアの「大蔵」に住んでいる私の家族に、今日お伝えしたいこと…それは….

「河内藤園」って世界が注目している素晴らしい場所なんだぞ!実は…私も今日が初めてなんだけど[笑]!

「なんだよ、大蔵って河内だけですか…」と思ったそこのあなた!!!

「何度行っても楽しめる、いつ行っても楽しめる場所」って、日々の暮らしにあまりないと思うんです。そんな場所ほど大切にしたいですよね!

「河内藤園」の取材に中学の同級生が車を出してくれたんですけど、大蔵のバス停から徒歩だと1時間半かかるところ、なんと!およそ15分…あぁ〜車ってすごいんだなぁ[遠い目]。まぁ、車だとより気軽な距離のエリアにあるんです。徒歩で満喫する1時間半も楽しいんだけど[笑]。

世界が注目する「河内藤園」の入場料…なんと!300円!!

時間の許す限り、秋の行楽気分でのんびり満喫!なんて贅沢な「河内藤園」

天候が少し残念でしたが、そのお陰でお客様が少なく、ゆっくり出来て良かったです。このような絶景が300円…ちょっとお手頃すぎやしませんか。「あぁ〜こういう景色に心打たれるなんて、私も大人になったものだ」なんて、ついしみじみ[笑]。

ササキの紅葉予報:
紅葉もイチョウも綺麗に色づいてます。取材日以降、雨が続くようなので少し散ってしまう恐れあり。「河内藤園」の景色も手伝って、小倉城とは趣きの異なる素晴らしい見応え。

小倉城と違う点を上げると、イチョウが見事というところ。赤と黄色の交わり方が素敵で、秋めいた感じが楽しめます。奥に広がる山々に映えて、より一層魅せられました…あぁ〜なんて美しいんだろう…

紅葉は見に行くタイミングが難しい…
おまけに天候にすごく左右されるもの…

そもそも秋のタイミングって難しいですよね、特に今年は分かりづらかった…

今年は結構長く暖かかったので、ついつい油断してしまいました。本来もっとゆっくりと色づいて、ゆっくりと散っていくものかと…。秋を感じる間もないままに、あっという間に過ぎ去って行きました[笑]。最近、急にめちゃくちゃ寒いですもん!朝も布団の包容力に負けて、ついつい…なんてこともしばしば。

特に理由はないけれど…割と昔から好だった秋

夏の喧騒から一転、静寂と肌寒さがエモい感じなんです[笑]

生き生きしていた植物たちが一気にしおらしく感じる秋、活気あるイベントが落ち着く秋、日が落ちる時間が早くなって、影が伸びる時間が増える秋。あぁ…今年もいよいよ終盤、「平成最後の夏」ってあんなに世間は騒いでいたのに、「平成最後の秋」ってあまり聞かないなぁ。でも、変な盛り上がりに欠ける落ち着いた秋が私は好きなんです。

そんな情緒と感情に訴えかけてくるようなエモーショナルな秋、いよいよ終わりに近づいていますが、行楽の秋に紅葉でも鑑賞してみてはいかがでしょうか。

その他、「行こう住もう」による天気の良い日に行きたい公園もチェックしておこう。

ササキが実際に散歩しているふらり女子さんぽ、他のエリア記事もおすすめ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

IKO-SUMO Seriesこの記事と同じシリーズ

このページの上へ