Loading...

白いタイルの小さな雑貨店[GOOM ROOM]

行きたい街・住みたい街をテーマに街の魅力を紹介する「iko-sumo.jp」。今回は、八幡西区引野町にある白いタイルの小さな雑貨店「GOOM ROOM」さん[おしゃれに並んだ3軒のお店の左側]。

antique-miscellaneous-goods-cafe01

「GOOM ROOM」店主の古門さんに聞く11のこと

誕生秘話から雑貨への思い、お店づくりやこれからのはなし

01:GOOM ROOMのはじまり

作家さんの雑貨を集めてみる、そこに自分の作品も混ぜてみる

グラフィックデザイン会社に勤めながら、ときどき作品展をやっていました。10年くらい前、雑貨を紙で作り始めて、自分が作ったものへ対価を払ってもらうことがすごくうれしかった。そして、雑貨作りをはじめました。でも、会社勤めのままだと兼ね合いが難しくて、まず他の作家さんの雑貨を集めて、自分の作品も混ぜてやってみよう!と…はじまりはそんな感じでした。

antique-miscellaneous-goods-cafe01

02:GOOM ROOMの意味

意味がないというとおかしいですが…2つのOが足跡のようで

最初は「O」の両端に朝から晩までという意味で「N」と「M」をつけてみたんですが、読みにくくて[笑]。最終的に、音の響きを優先した「G」と「M」を組み合わせた造語の「GOOM」に決めました。「ROOM」は部屋という意味で、ここにも「O」が2つ[笑]。そうして「GOOM ROOM」という名前が誕生しました。靴のマークは「お出かけしたくなる、お招きしたくなる、帰りたくなる」などの能動的な行動を表現、「前に進んで足跡を付ける」意味を込めてます。

antique-miscellaneous-goods-cafe01

03:ひとつひとつ手作りしている商品ポップ

デザイン性の高さと使いやすさ、リーズナブルさのバランス

デザイン性の高いものを並べるだけだと…ギャラリーのようで、どうやって暮らしに取り入れたら良いか伝わらない。そこで、高いデザイン性と使いやすさ、リーズナブルでテンションの上がるもののバランスを大切にしてます。男性も雑貨屋に気軽に立ち寄って欲しいから、雰囲気づくりや商品選びもこだわりました。おかげ様で、最近は男性ひとりの状況も増えてきました。他の雑貨店にはない、メンズとレディースのバランスを重要視していますね。

antique-miscellaneous-goods-cafe01

04:試行錯誤と決断がめぐる道のり

脱サラを決心して会社を辞めるまでの4年間

お店の開店に向けて初めてづくしの中、内装はグラフィックデザインの経験が役に立ってイメージ通りに、ディスプレイは経験がなかったのでとにかく精進する日々でした。

antique-miscellaneous-goods-cafe01

antique-miscellaneous-goods-cafe01

05:購買意欲を刺激するレイアウト

商品構成の色合いや立体感のある陳列へのこだわり

特にお皿などは平たく置くとイメージできないので、ピラミッド状にしたり、シンメトリーに見えるように工夫したり、バランスを探しながらディスプレイしてます。色合いも前職の経験から、購買意欲が高まるように日々の研究は欠かしません。

antique-miscellaneous-goods-cafe01

06:暮らしが潤う視点を提案したい

雑貨といっしょに広げる心を豊かに暮らすエッセンス

雑貨ひとつひとつに「こんな使い方どう?」って提案しながら、ライフスタイルをデザインしたい。マグカップもコーヒーを注ぐだけでなく、お花を刺したっていい。雑貨の素敵な可能性が提案できれば、暮らしのイメージはグッと広がり潤います。

antique-miscellaneous-goods-cafe01 

07:雑貨は素敵なだけじゃない、そこに感性をプラス

部屋を彩るイメージ、豊かな感性がいきる暮らし

究極の話、「世界が滅びる日に、雑貨屋には行かない」雑貨は無くても生きていける。だからこそ、雑貨の素晴らしさをみなさんに伝えたい。暮らしに潤いをプラスして、心まで潤してくれるもの。雑貨を購入する方は、そういう対価を払っているんだと思います。

antique-miscellaneous-goods-cafe01 

08:遊び心が詰まった楽しい雑貨たち

「エプロンなのに、紐の長さを変えるとショルダーバック」というような、何かが潜んでいる、スパイスになる、遊び心を感じるものが好きです。プレゼントの相手が笑顔になるようなワクワク感、使い方を説明しながら会話が広がる高揚感はたまりません。

antique-miscellaneous-goods-cafe01

09:女性へのプレゼントに悩む男性に

コンシェルジュのように一緒に選んでくれる店主がいる安心

プレゼントのセンスが良ければ好印象に、意中の女性に男をあげる腕の見せどころ。そんな時こそ「GOOM ROOM」さんへGO!いろいろな要望に合わせて、コンシェルジュのように店主の古門さんが、心を込めて一緒に選んでくれますよ。

antique-miscellaneous-goods-cafe01

10:人生1つの道だけじゃなかった

経験に縛られない生き方、重ねて融合したら楽になった

幼い頃からの工作が好きが高じて、憧れのグラフィックデザイナーに。あるとき、理想と現実のギャップが辛くなり、デザインの仕事に疑問持つように。キッカケは申年、バナナの皮をモチーフにメッセージが出す遊び心ある年賀状を制作。大好きな工作の要素を取り入れ、周りの好評を得たときに「これは商品になるかも」って感じたんです。その日から、グラフィックデザイナーだけじゃないと思い始めました。今のスキルを活かして新しい何かを始めよう!経験を捨てずに重ねてチャレンジしてみよう!

antique-miscellaneous-goods-cafe01 

11:これからちょっとずつ先のこと

2階のスペースでイベントやワークショップをしようかな…

少しづつですが、やりたいことは全てやっていきます。突然、BARになってたりなんてことも[笑]。というのも…夜の外観がBARのように映るみたいで[汗]、たまにお客さんがふらっと来てそのまま帰ります[笑]。まだまだ遊べるバッファがあるので、ちょっとずつちょっとずつ楽しんでます。

ちなみに、お隣にあるフランスの洋菓子カヌレ専門店 デボラ[DEBORAH]生ハム量り売りと惣菜のデリカ コッタ[Delica Cotta]さんの記事はもう読みました?

その他、「行こう住もう」による北九州の雑貨関連のトピックもチェックしておこう。あわせて、八幡西区のエリア情報もお見逃しなく。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

IKO-SUMO Seriesこの記事と同じシリーズ

このページの上へ