Loading...

1日限定100食!完売までに間に合うか?豚ステーキ専門店B[ビー]

地域の魅力を「行きたい街・住みたい街」視点で発信する「IKO-SUMO」。今回は、小倉北区魚町にオープンして間もない話題の1日限定100食でおなじみの「豚ステーキ専門店 B[ビー]」さんをご紹介します。

JR小倉駅 南口から徒歩4分、街の中心エリア

ダイワロイネットホテル小倉駅前の1階、モノレールの通りとは反対(裏側)の魚町エリア側が入口。
小倉のディープスポットとして紹介されることも多い鳥町食堂街入口の前辺りです。
レンガ調の壁と、豚さんの暖簾が目印。
高級店のような外観に、暖簾のかわいいイラストがほっこり。

明るくスッキリとした店内で、カフェとも見間違えるような心地よい雰囲気

ご飯どきを外した夕方に伺ったので、女性の方がカウンターで一杯やっていたり、遅めのランチとおしゃべりを楽しんでいる方も。駅チカでオフィスも多く、お昼ご飯どきには「ザ・定食屋」な雰囲気にもなりそうですね。

さすが専門店!メニューは定食か単品の2択と一目瞭然

①豚ステーキ定食(ごはん・みそ汁 ・サラダ・香物付き) 1000円
②豚ステーキ単品 650円
と、値段も税込価格でわかりやすく、シンプル。
迷わず、定食を注文しました。
定食のごはん・みそ汁は、無料でおかわりができます。
よく見ると…、替え玉ならぬ、替え肉という文字も!なんと、ステーキは500円でおかわりできちゃいます。
間も無く、薬味がテーブルに。
左から 桜塩・きざみ山葵・ハニーマスタード・辛味噌・ニギラ
怪獣の名前のような「ニギラ」は、ニラとネギを合わせたもので韓国風です。
オススメの食べ方までご案内があり、親切。
よく順番を確認しながら、食べたい気持ちが高まります。

「3分で焼き上がります。」

キャッチコピーどおり、薬味、サラダ、の後すぐに、鉄板の上でジュージューと焼ける音と食欲をそそる良い香りとともに、厚切りの豚ステーキ!!
ついつい、顔がほころび歓声をあげてしまうほど。
ステーキは、180グラムとボリューム満点。焼き上がり直前で提供されるため、程よい焼き加減からしっかり焼きまで、手元で好みの食べ頃に合わせられます。
この断面!まさにロゼ。美しい。
甘味が濃くキレのある脂身と、キメ細かく品の良い赤身のバランスがとてもおいしい。
ステーキ醤油も付きますが、ここはあえて薬味だけという選択も良し。
私はおすすめに習って、左から順にいただきました。
それぞれの薬味が、肉のうま味を存分に引き立たせます。
こちらが、一番右の特製ニギラ。
韓国産唐辛子をブレンドしたオリジナルの味付けと、ニラ・ネギの風味が、ピッタリ。
一口サイズなので、薬味を1順した後はお気に入りの組み合わせを見つけるのもまた楽しいです。
あれこれと試していくうちにごはんも進み、心配することなく、あっという間に完食!
「替え肉いっちょ!」といきたいところですが、充分満足したので今日はここまで。
女性2人なら替え肉をひとつ追加で、シェアするのも良いかも?と思いました。

安心の品質と美味しい肉であることの証明

こちらのお店、北九州に住む方なら一度は耳にしたことがあるであろう神戸牛と最高級黒毛和牛を中心とした焼肉店を多店舗展開する「おんどる」(本店=遠賀郡水巻町)グループの新業態店舗とのこと。
特徴のある薬味や、サラダには海苔と韓国風ドレッシングな点もここで納得しました。

一番のこだわりは、地産地消の品質が良く美味しい食材を丁寧に届けること

マネージャーの安田さんにお話をうかがいました。
肉は福岡県産ハイポー豚。旨味と甘味が絶妙な、いいとこ取りの豚肉だそうです。表面も細かく切り込みが入り、本格的な技と手間も込められています。
ごはんとみそ汁の味噌も、福岡県産を徹底。地産地消へのこだわりをとことん感じられました。

週末は、昼過ぎに完売の日も先着順なので、ぜひお早めに

お話し中もカップルや親子でのお客様が次々と来店され、本日残り4食ですと、こっそり笑顔で教えてくれました。まだ晩ご飯前の時間帯なのに、人気が伺えます。
営業時間は20時までとありますが、オープンから1ヶ月、週末はお昼過ぎ、平日もほぼ夕方には完売しているそうです。
満席の場合でも入口に順番待ちの記入表があるので、しっかり名前を書いて待ちましょう。
スタッフの方々も皆さん明るく丁寧なおもてなしをしていただき、お腹もいっぱいで大満足。
ごちそうさまでしたー。
今度は替え肉に挑戦かな?お酒のアテに、ステーキ単品かな?と、次回が楽しみになりました。
最後に、アルコールは、瓶ビールとグラスワイン(各400円)、ノンアルコールビール(300円)。
コカコーラとジンジャーエール(各250円)もあります。

おまけ:撮影スポット[インスタ映え]発見!

その他、「行こう住もう」による北九州のグルメ関連のトピックもチェックしておこう。あわせて、北九州の小倉エリア情報もお見逃しなく。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

IKO-SUMO Seriesこの記事と同じシリーズ

このページの上へ