PEAKS

北九州市と近郊の新型コロナウイルス情報

感染拡大が続く新型コロナウイルス。そのスピードを抑えるために、外出を控えましょう
毎日の暮らし、仕事や職場で、知っておきたい各自治体の情報ページをまとめています

  • TOP
  • お家で晴れときどきベランダピクニック

お家で晴れときどきベランダピクニック

インスタ映え コラム 家で過ごそう 暮らし

行きたい街・住みたい街をテーマに街の魅力を紹介する「iko-sumo.jp」。天気のいい日に外出自粛は辛すぎる。でも、今だけ。きっと、今だけ。がまん、がまん。

家で過ごす時間が長いからこそできる過ごし方、今回はお部屋にあるものを、ただ外に出すだけのベランダピクニックのオススメです。小さなことだけれど、あれこれついでにやってみることで、気分転換になればと思います。

洗濯物を干すだけじゃもったいない

ベランダって、そのままだとそれほど長く居たい場所ではありませんよね。でも、ちょっと手を加えるだけで、もう1つの部屋のように楽しめる空間にもなるんです。

広ーいお家ならお庭に、広ーいマンションならベランダにテーブルセットを常設なんてこともあるかもしれませんが…、我が家では布団や洗濯物を干すくらいの活用。プライベートな部屋の延長なのに、「ちょっとだけ外」なのが、気分も変わって楽しめました。

移動時間1秒!足を伸ばしてくつろごう。

ピクニックなので、まずはレジャーシートを敷いて、ベランダの床を過ごしやすくするのはいかがでしょう。これなら、簡単ですよね。私は厚手のレジャーシートを使いましたが、ラグを敷いてもなんだって良い!足を伸ばせる状態にしてみるのがいちばんです。部屋から裸足でそのまま外に出て、べたっと座るだけ。そんな単純なことでも気分が変わります。

ウッドデッキ風をお好みなら、ウッドパネルやすのこを敷くのも良いですね。ペンキやニスを塗ったり、時間があるついでに、DIYにチャレンジしてみても?

まちなかでも住宅地でも、人の動きと車の量が減っていることは誰しも感じるはず。おかげで、静かな時間を感じやすいです。鳥のさえずりが多く聞こえるのも春の魅力です。

あ、そもそも、ベランダ?バルコニー?

ベランダピクニックの方が響きがかわいい!

ベランダは2階以上にあり、住戸から外に張り出していてある程度の雨風をしのげる屋根のあるスペース。形状、広さにもよりますが、雨の日でもそこで濡れずに過ごせ、洗濯物も干すことができる。

バルコニーはベランダと同様のスペースですが、大きく異なるのは屋根がないこととのことです。

バルコニーピクニックより、ベランダピクニックのほうが響きが好きなので今回はそう呼びます。

くつろぎスペースには、気分のあがるものを並べよう

オススメアイテムを何点かご紹介。

●厚手の布製レジャーシート 200×200

●テーブル (IKEA ベッドトレイ)

ロースタイルのピクニックには、サイズも高さもピッタリ。これは、値段も安くて超おすすめ。そもそもはベッドの上で使う用なので、日常的に部屋の中でどこにでも置いておけます。足もたためて収納も◯。

●好きなもの(本とか、おやつとか、飲みもの)

●椅子(コーディネートはお好みで)

●灯り(昼が長くなったことを実感しつつ、明るいうちの夕方の点灯作業がちょっと幸せ)

●日除け、日焼け止め(紫外線対策は忘れずに)

テーブルと椅子があると、空間の印象がガラッと変わりますね。

観葉植物もついでに日光浴で、元気いっぱい

いつもは部屋の中にある植物も、たまにはひなたぼっこ。

観葉植物はどこに置いていますか?植物によって、好む環境が違います。日当たりの良い日光を好むものもあれば、明るい日陰を好むものも。種類によりますが、水をたっぷりあげて1日のうちの数時間ならこの季節、日光浴しても問題ないと思います。そして、よく観察してみましょう。小さな新芽が出て、イキイキと育っていく姿が可愛らしい。新しい葉っぱと古い葉の色のコントラストも。ベランダピクニック中だけでも、植物をじーっと眺めてみると新しい発見があると思います。毎日眺めていると、植物の元気がない日や変化が不思議とわかるようになります。

「観葉植物って、すぐに枯らしてしまう…。」

日中は家に誰もいない忙しい暮らしの人にはよくあることです。

基本は

1.日当たり条件

2.水やり

3.温度管理

4.風通し

皆さんご存知かと思いますが、置けるスペースが限られていたり、購入すると嬉しくてつい水をあげすぎたり、うっかり水をあげ忘れたり。暑い時は、こまめな水やりや、葉水。寒い時は、10日くらい放置していても案外平気だったりします。意外と忘れがちなのは、風!水、光も大切ですが、部屋の空気がこもっていたら植物は呼吸できません。換気を気にするようになると、枯らしてしまった…なんてことが激減するかもしれません。

クッションや枕もついでに干すと、夜、部屋が気持ちいい

洗濯物も布団も「お日さまのにおいがするー」と、言いがちですよね。あれです。

ベランダにレジャーシートを敷いて、広々空間ができたので、部屋のクッションも全部出してついでに天日干し。レジャーシートも、花見が出来なかった今年はしばらくの間丸めてしまい込んでいたので、ちょうどいい。アウトドアグッズもたまには広げて干したり、手入れをすると良いですね。

今のタイミングにも最適!!

●ORGANIC KISO HINOKI

こちらは、ヒノキ消臭・除菌スプレー。天然成分の除菌スプレーは、日常的に大活躍。部屋の中もカーテン、ベッド、ラグにもついでにシュシュシュッとすると、天然のヒノキの香りでリフレッシュ。森の中にいるような、お寺にいるような気分になりオススメです。

お花を飾って、心にも安らぎを

いつもしない事も、あえて外でやってみる!

花器や小瓶を集めて、買ってきた花を細かく分けてみるのはいかがでしょう?

ひとまとめにして一箇所に飾るのもいいけれど「お散歩していたら、お花がきれいでつい摘んできました。」をテーマに、家のいろんなとこに分散して飾ります。日頃はサササッとするこの作業も、あえて時間をかけて楽しんでみる。花びらや蕾、葉の形など、繊細なつくりをひとつひとつ見つめるだけでも楽しめます。

小さく生けおわったら、どこに飾るかを家の中でウロウロしながら試してみましょう。玄関?キッチン?リビング?寝室?どこでも好きな場所を見つけてください。

私のオススメは洗面台。朝、顔を洗った時に水を変えれば良いし、歯磨きしながらしばらくの間眺められるのも良い。身支度の時に、目に入るところに置くとちょっとだけ前向きになれる気もします。

あと、花を飾るとその周りを片付けておこうという気持ちにもなるので、環境を整えるにも一石二鳥です。

周りの空気も澄んだように感じられるので、トイレも清々しくなって良いですね。

ゆったりティータイムで、ぼんやりとする時間を

外での食事はひと味もふた味も違う!

アウトドア用のミニコンロがあれば、お湯を沸かしてゆっくり飲みものを淹れてみるのはいかがでしょう?

もちろん家の中でお湯を沸かして持ち出すだけでも充分です。コーヒーならお手持ちのドリッパーを使っても良いし、お気に入りのマグカップにドリップバックでも、お好みで。時間をかけて楽しむことがポイントです。豆を挽くところからならさらに本格的。ハーブティーでも日本茶でも、好きなものを水筒に入れてからベランダへおでかけするというのもいいかもしれません。

外でゆっくり食べたり飲んだりするだけで、いつも以上に美味しく感じます。ここに、おやつがあったら最高ですね。本当のアウトドアでは、割れるカップやお皿は心配があるので持ち出さないけど、ベランダピクニックならお気に入りもいつも通り使えます。

光と風を感じながら、いつもと違う本を読んでみる

本棚の整理にもなって、ちょうどいい。

長い間本棚にあり、たまーに開きたくなる本や、買ったけど読み終えてない、一度も目を通してない本はありませんか?

例えば、写真集とか作品集。新幹線や飛行機の移動で咄嗟に買った文庫本が読みかけだっり。本棚もクローゼットも、1・2年経つと、そう言えばこんなの持ってたなと忘れているものがあったりします。まずはこの並びから、読むもの、手放すものを仕分けしつつの読書はいかがでしょう?

私の場合は、歳時記のようなものと、美しい日本語をまとめているもの、あとは日本庭園。好きで置いておきたいので、気がつくとこの手のものが増えています。ずらーり揃った美術本も一気読みする物でもないので、読んでいないページだらけです。

ひらがな暦

絵と文 おーなり由子

心地よい風と陽を浴びながら、ぱらぱらとページをめくる時間にリラックスできました。そこに書かれている季節の事柄や文章と、今の自分の気分が重なると、今日の星座占い、1位だった!くらい、ささやかに嬉しくなったりします。慌しく過ごす中で触れる日本の習慣や日本人の美意識がくらしのヒントになります。

経験したことのないこの状況下で、毎日のニュースや変化が多すぎて、ちょっと疲れてきていますよね。ぼーっとしたり、落ち着いた時間を、ちゃんとつくる事、あえてつくる事が必要かもしれません。くらしの中に楽しみを見つけ、自分にできる日常の延長を楽しめると良いですね。

ベランダピクニック、いかがでしたでしょうか?DIYやガーデニング、家庭菜園、バーベキューに座禅やヨガ、「小さな外」のベランダで出来ることは、まだまだたくさんありそうです。

あたなに合った気持ちのいい過ごし方を見つけてみてはいかがでしょうか?

 

合わせて「行こう住もう」による家で過ごそう記事もチェックしておこう。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いたライター

エトウサリ

北九州市内在住。30代 未婚。
自分にフィットするあれこれを見つけるのが好き。今はミニマムな暮らしが好みです。新しい!とか話題のことにはわりと興味を示し、おトクと聞くと心踊るタイプです。

同じカテゴリーの記事

行こう住もう特集

テイクアウト

遠賀に住もう
マイクロツーリズム

インスタ映え 北九州めぐり旅

PEAKS

編集部コラム

[安ウマ]〇〇〇〇〇〇〇が激安で食べられるお店発見!

人気ランキング

【保存版】子供と遊べる北九州の公園15選!体験レポート
【話題】ゆったりくつろげるカフェと絶品ケーキ[サウスルーム]
お手頃!インスタ映えする隠れ家的な雑貨屋[Slow zakka shop Dimple*]
ロマンチックな高塔山の夜景と理想のプロポーズ
フランス洋菓子カヌレ専門店 デボラ[DEBORAH]