ふらり女子さんぽ

  • TOP
  • 折尾の新々堀川付近を伯母とほのぼの思い出散歩

折尾の新々堀川付近を伯母とほのぼの思い出散歩

グルメ ふらり女子さんぽ 八幡西区

行きたい街・住みたい街をテーマに街の魅力を紹介する「iko-sumo.jp」。こんにちは、ササキユウカです(^o^)/今回は折尾にある新々堀川付近を伯母と散歩してきました。小さな頃から折尾に馴染みのある私と、伯母のほのぼの散歩になりました。

目を引く外観、程よく気になる窓、そしてお洒落な“open”の文字

薄緑色の壁と、赤い扉の向こうに広がるパンの匂い…気になりませんか

朝、「ユウカ今日は何をするの」という連絡をくれた伯母に、私の暇は救われました。

折尾にはそういや最近出来たパン屋さんがあったなぁと思い出して、さっそく連れて行ってもらいました。赤い扉が印象的なパン屋さん。パン屋さん激戦区(だと思っている)な折尾に新しくパン屋さんなんて…と思ったのはここだけの話。

“でも、激戦区に建ててくるとか相当自信あるってことだよね”と期待に胸を膨らませていざ入店!!想像していた広さより、かなり狭めの店内でしたが、パンの種類の多いこと多いこと。

人気No,1の食パンに続くのは、ルックスがそそる“はちみつバター”

スティック状のパンを一口サイズに切ってくれるのも、すごく嬉しいサービスですよね

「えぇ」とか「うわぁ」とか「どれにしようかな」とか、無意識に出る期待の言葉たち。どの子を選んでも勝ち確そうなラインナップのパン。これは迷う…。朝ご飯も食べていなかったので、昼食込みで考えて2つ選びました。1つは“自家製野菜パン”。もう1つは“はちみつバター”。

おかず系のパンと甘い系のパンを1つずつ選ばせていただきました。“自家製野菜パン”はパンの上にたくさんの野菜たちがこれでもかってくらい乗っています。全体としてはキリッとまとまった味をしているのに、野菜一つ一つは本来の味を存分に発揮していて、これが恐ろしく美味しかったです。しかも、所々にナッツがちりばめられているのですが、このナッツが歯応えも風味がこのパンを完成させているといっても過言ではありません。

人気No.2の“はちみつバター”は、ほんのりと香るバターと、口に広がるはちみつの柔らかい甘味がso mushしています。はちみつが飴っぽくパンの周りをまとっていて、そのざくざく感がまた癖になりますね。一口サイズに切ってくれるので食べやすいですし、無心で食べ続けられてしまうこの小悪魔パン。行った際は、ぜひとも食べてみてください。

そして出来たばかりのお店だからか、店員さんがたまに手こずるところが可愛らしい、まさにご愛嬌。しっかり笑顔を絶やさないあたりがプロだと思いました。

パンのいい匂いと、暖かみのある内装で、「パンを選ぶ」だけの時間がすごく特別な瞬間になりました。

春には満開の桜並木、夏に多い茂る緑、秋には色づく紅葉、冬には哀愁ある並木通り、四季折々で楽しめる川沿い

できたてのパンを買って、ふらりとお散歩コースにもってこいの新々堀川

いつもは、伯母の愛犬たちとお散歩をする新々堀川を、この日は2人でゆっくりと散策しました。春に満開のさくらのイメージがある新々堀川。夏でも緑が爽やかな印象を残しています。秋になると少しずつ色づいていく葉のコントラストを楽しむも良し。

冬には丸裸の木々を見てしみじみとするっていうのが、新々堀川の一年間のイメージです。木のある場所はたくさんあれど、桜が咲いて~~~の流れを完璧に楽しむことが出来る場所ってなかなか町中にはないと思うんですよね。

不意に四季を感じたくなった方、何だか少し1人で黄昏れてみたい方にはうってつけの場所だと思います。

川沿いにある“喫茶ノラネコ”、BGM、雰囲気、居心地◎

コーヒーミルがあって、レコードで音楽を流して、薪が置いてあるって、The 喫茶店

パンを食べて、お散歩を堪能して、次は一息休憩したいですよね。そんなときは、カフェも良いけれど、こういう情緒ある町中では喫茶店なんていかがでしょう。

新々堀川の川沿いにある、“喫茶ノラネコ”さん。ここは伯母が気になっていた場所だそうで、食後のコーヒーといかせていただきましょう。といっても私はつい最近、なんとなくブラックコーヒーを飲めるようになったくらいで、名前なんて全くわかりません。

かっこよく「同じものを」と注文させていただきました。

待ち時間は挽いているコーヒー豆の香りに包まれて、楽しく思い出話に浸ってたり、これからの将来話に花を咲かせることが出来ました。出来たてのコーヒーを飲んでみると少し酸味があるコーヒーでした。でも舌に残らない酸味。苦いけど、その苦味が心地良い。苦味が心地良いなんて…この夏私は大人になりました。(笑)

BGMもジャズ調でノリノリすぎず、冷めすぎない良い感じのものでした。BGMが落ち着く空間を形成しているピースの1つになっていました。

人との散歩はその人との歴史を振り返る、幸せの原型

私と伯母の間には、たくさんの思い出と幸せな時間が咲いている

この日も他の日に違わず、伯母と2人でゆっくりと柔らかい時間を過ごしました。

伯母には私が覚えていない思い出もあって、毎回話を聞いていると楽しいのと懐かしいのでなんだかこしょばゆい気持ちになるんですよね。(笑)小さい頃から私を見てくれている。そんな人が近くにいることで、そんな人から話を聞くことで見えてくることももちろんありますよね。

小さい頃から負けず嫌い、小さい頃から音楽に合わせて身体が動く、小さい頃から活発で散歩が好き、小さい頃からetc…。人の根本的なところはきっと大人になってもそんなに変わらないのでしょう。そこが良いのか悪いのかは状況に応じて変わってくるのかもしれませんが。

もし、あなたが今、「自分ってどんなだろう」って不安に思っているのなら、親以外の親戚に会って話してみることをおすすめします。彼らはもしかしたら「小さい頃から変わってないね」とあなたにいうかもしれません。

それは否定でも何でもなくて、あなたという人の根源を振り返るきっかけになると思いますよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いたライター

ササキユウカ

北九州市八幡東区出身、現在は別府大学で女子大生やってます。歩くこと、話すこと、本を読むことが好き、憧れは「うる星やつら」のラムちゃん。いつか素敵な旦那様と一緒に暮らしながら楽しい毎日を送ることを夢見ています。

同じカテゴリーの記事

行こう住もう特集

同じエリアの記事

人気ランキング

【保存版】子供と遊べる北九州の公園15選!体験レポート
ロマンチックな高塔山の夜景と理想のプロポーズ
【話題】ゆったりくつろげるカフェと絶品ケーキ[サウスルーム]
お手頃!インスタ映えする隠れ家的な雑貨屋[Slow zakka shop Dimple*]
フランス洋菓子カヌレ専門店 デボラ[DEBORAH]