北九州市と近郊の新型コロナウイルス情報

感染拡大をみんなで防ごう!
こまめに手洗いうがい、咳エチケット、ソーシャルディスタンス、今できることからはじめよう!
毎日の暮らし、仕事や職場で、知っておきたい各自治体の情報ページをまとめています。

  • TOP
  • 【高級食パン】銀座に志かわ、北九州2店舗目が守恒にオープン!

【高級食パン】銀座に志かわ、北九州2店舗目が守恒にオープン!

グルメ グルメ グルメ gourmet フード 小倉 発見!

 

みんなはごはん派?パン派?わたしは小さな頃からパン一択ガール。

朝食は決まって食パン。簡単にチーズを乗せてオーブンに入れるだけだったり、はたまた前日の夕食の残りと一緒に食べることもあったり、ちょっと特別な日にしたい時は、バターと砂糖をのせてじっくり焼いたりと…わたしのモーニング食パンライフは学生時代のルーティンといっても過言ではない。

そんなルーティンもあったわたし、最近のひそかなマイブームは高級食パンを物色すること!ということで、今回は小倉南区、守恒に新店舗がオープンした『銀座に志かわ』さんにインタビュー行ってきました! 

今回は新店舗である、小倉南区守恒店店長熊谷さんにお話を伺ってきました。

店内に入ると、右手に見えた小倉を象徴する錦織模様の壁。

「あぁ、北九州愛が伺えちゃうなぁ」とウキウキしながら入店。 

  • 本日はよろしくお願いいたします。 −

熊谷「こちらこそよろしくお願いいたします。」

高級食パンの二大巨頭食パン専門店『銀座に志かわ』

最高においしい贅沢な特徴が盛りだくさん!

  • − まず、『銀座に志かわ』北九州2店舗目おめでとうございます。

最近巷の至るところで高級食パンの文字を見ますが、『銀座に志かわ』の食パンの特徴、他のお店と違うところを教えていただきたいです。 —

熊谷「ありがとうございます。

銀座に志かわの食パンの一番の特徴はやはり『水』です。うちでは仕込みの際に独自のアルカリイオン水を使用しています。実際に、アルカリイオン水はパン作りに適しておらず、弱酸性の水を使用するのが一般的とされています。」

— そんなにアルカリイオン水と弱酸性の水では味が変わってくるものなのですか。 — 

熊谷「そうですね。アルカリイオン水は素材の良さを十分に引き出し、口当たりがなめらかで耳までしっとりとした食パンが作り出されます。しかも、に志かわで使用しているアルカリイオン水は天然水よりもPh値を高め、より柔らかさと甘みを引き出しています。」

 パンの耳まで柔らかい…!わたしはむしろパンの耳が好きなので、それは気になります。よりおいしさを追求している、人気が高いはずですね。 —

インスタに並ぶアレンジの数々、オススメは?

食パンのアレンジは知れば知るほど、楽しさ倍増!

 ーびっくりしたのはインスタグラムに並ぶ、アレンジ食パンの数々!どれもとてもおいしそうで、実際どれを試そうかなって迷うんですよ。そんな中で、熊谷さんのオススメがあれば、アレンジの第一歩目としても行いやすいと思うので、教えてもらいたいです! —

熊谷「アレンジ数かなりありますよね。やっぱり銀座に志かわの食パンが推しているのは、コンセプトでもある『和×モダン』にならって、『和惣菜パン』のアレンジがオススメですね。

きんぴらごぼうや、だし巻き玉子などなかなか他では見ないようなアレンジにもなっていると思うので、ぜひ挑戦してもらいたいですね。」

  • ー『和惣菜パン』!和のおかずに合う食パンということなら、北九州でいう百年床さんのぬかだきとか、ごとう醤油さんのパステルムースなんかもかなり相性が良さそうですね。

わたし、抹茶も大好きなので銀座に志かわさんから出ている「ぷれみあむ生抹茶みつ」もかなり気になります!—

熊谷「ありがとうございます。こちらもかなり人気な商品となっております。元から商品として、「生抹茶みつ」があったのですが、より深く、濃い抹茶を堪能していただきたく改良されました。」

ー抹茶好きにはたまらない商品ですよね!9月頭にめざましテレビさんで見てずっと気になっていたので、今回買って帰ります。(笑) —

 日常の中にひそむ、ささやかな贅沢に『銀座に志かわ』

食パンの印象はモーニングですが…! 

ーやっぱり『高級食パン』ということで、普段から毎日食べるものというよりはちょっと特別で、日常の中にひそむささやかな贅沢というイメージが湧きます。

銀座に志かわさんの食パンを一層楽しませてくれるシチュエーションなどはありますか? —

熊谷「もちろん、朝食に食パン!ということで、モーニングの印象がどうしても強くなってしまいがちだと思いますが、銀座に志かわの食パンはむしろ夜、お酒と合わせて食べていただきたいですね。」

 ーまさかの夜!?実際に熊谷さんもお酒のお供として食べたりしますか? —

熊谷「そうですね、晩酌のアテに、生でちぎってそのまま食べたり、先ほどオススメした『和惣菜アレンジ』を行って見たり、1日のご褒美としていただくことがよくあります。

僕はうにをトッピングしてよく食べるんですね。うにの磯の香りと大人な苦味が、1日の疲れをまとめて取り去ってくれる極上のおいしさが感じられますよ。(笑)」

 ーうに…って食パンと合わせて食べる印象まったくない…けど、その晩酌アレンジすごく贅沢で出てくるとテンションが上がりそう!1日のお疲れ様、ご褒美として食パンか…わたしもやってみよう!

本日はインタビュー対応してくださってありがとうございました。 —

熊谷「ありがとうございました。」

パン好きには嬉しいお話がたくさん!

暮らしのワンシーンに『銀座に志かわ』の食パンを添えてみては

 今年に入って、わたしが知っているだけでも3店舗(銀座に志かわさん含む)の高級食パン専門店が小倉に誕生しています。

流行りの高級食パン、気になってもどこに行けばいいかなと迷われた方は、まず、『銀座に志かわ』さんでデビューしてみてはいかがですか。

ちなみに『銀座に志かわ』さんは今回紹介した、小倉南区守恒にある小倉店の他にも、八幡西区鉄竜にも八幡西店があるのでお家の近い方に立ち寄ってみたください。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いたライター

ササキユウカ

北九州市八幡東区出身、行こう住もうの編集長。
休日は基本的にお外にいるお散歩リスト(osanporist)。
家にいるときは、食べ物か本か文章をイジってる。
最近はいちご飴と海ぶどうのASMRが好き。

同じカテゴリーの記事

行こう住もう特集

同じエリアの記事

編集部コラム

プロセスエコノミーと行こう住もう北九州。

マイクロツーリズム

東アジア文化都市 2020北九州

人気ランキング

【保存版】子供と遊べる北九州の公園15選!体験レポート
フランス洋菓子カヌレ専門店 デボラ[DEBORAH]
【話題】ゆったりくつろげるカフェと絶品ケーキ[サウスルーム]
お手頃!インスタ映えする隠れ家的な雑貨屋[Slow zakka shop Dimple*]
[保存版]テイクアウト北九州・宅配グルメまとめ