Loading...

[ふらり女子さんぽ]門司港散策ハート探しの旅

行きたい街・住みたい街をテーマに街の魅力を紹介する「行こう住もう」。こんにちは、ササキユウカです(^o^)/~

突然ですがみなさん!門司エリアの楽しみ方って何かありますか?

今回は、はるばる大分から遊びに来てくれた友人と門司港でハート探しの旅をしました!場所のネタバレになると思うので、今回は一カ所だけ紹介したいと思います。あとは是非とも探しに行ってみてくださいね[笑]!

門司港エリアに着いたら、まず何をしようかな…?

定番コースの焼きカレー、フルーツファクトリー mooon[モーン]さん、オルゴール館へ

もちろん大満喫のコースなんだけど、今日は何だかもっと散策した〜〜いの[笑]!

そんな時に!ふらり散歩に最適な企画に遭遇しました!

せっかく大分から来てくれた友人、もちろん最高に美味しい焼きカレーを満喫!フルーツファクトリー mooon[モーン]さんで甘いひと時、オルゴールミュージアム門司港で癒されて…楽しいはずなのに、、、なんだか今日はどことなく物足りない気分なの…[遠い目]。

何度も来ている門司港で「もう一癖なんか欲しい!!!」と思っていたところに飛び込んできた企画がこちら!

「関門海峡のハートを探せ!」~隠れハートを見つけたら幸せになれるかも~

キャッチフレーズに心惹かれ過ぎるぅ!もちろん、そのままハート探しの旅に出ましたとさ[笑]…

あっちでぐるぐる、こっちでぐるぐる、門司港の端から端まで大満喫できる、お散歩に最適な企画でした!

《注意》「すぐ見つけられるでしょ!」と舐めプ※のみなさま、少し見落とすと散々歩き回させられます

※舐めプ:舐めたプレイの略称

「こういうのって案外わかりやすいところにあるもんだよ」なんて言っていた私たちと裏腹に意外と見つかりませんでした[笑]。チラシの地図を見ながら、「ここがこうだから、こっちでしょう」「この道路またいであっち行かなきゃ」「えーーーここら辺にあるはずだよ」なんて、人目もはばからずぎゃあぎゃあ[笑]と大満喫!

一発目、私たちは“旧門司税関”横でハートを探し出しました。強風の中、二人とも下を向いてああだこうだ言いつつ歩きました。15分間くらいでしょうか。もう本当に延々[笑]と…。しかも、強風と寒さで二人とも凍えそうなくせに、笑顔が止まらないのなんのって[笑]。

小学生以来の宝探し、きっと友人も同じように童心に返ってたんだと思います[汗と息遣い]。

「みいつけた!」じっくりと執拗に[笑]探していたら、案外あっさり発見!

寒さに負けないように、猛ダッシュで縦横無尽に駆け巡るまあまあ大人な女子たち[笑]

意外と「なんだ、こんなところにあったのか…」って所にあるハートたち。ただ、この日は一段と寒くて、おまけに強風で飛んでいった前髪..まあまあ残念な風貌の私たち[涙]。アホのように必死に探索しつつも簡単に見落とすおとぼけさ加減から、最後はなんだかじわじわ笑えてくる始末[笑]。もうここからはもう気合いと勢いだけでしたね。。。なんとも充実した日になりました!

みなさんも門司港散策の際には、ぜひ参加してみてくださいね。

姉妹都市というか運命共同体のように感じる「門司港」と「下関」

関門橋、関門海峡ミュージアム、関門海峡花火大会etc…これからも足並みを揃えて頑張ってください[一体誰目線!?]

「門司港」といえば「下関」、「下関」といえば「門司港」ってくらいのセット感は、切っても切り離せません!今回も「関門海峡」として、ハート探しの旅を企画していますが、「下関」といえば「門司港」は別個なことを忘れないでいて欲しい[遠い目]…というのも、

下関は下関、門司港は門司港だけでも十分楽しめスケールなんです!

ここで前回、下関を散歩した[ご褒美プチ旅行[唐戸市場〜ティールームリズ]]頃から気になってた下関の観光スポットをちょこっとご紹介!

シャレの効いたネーミングが忘れられないテーマパーク「はい!からっと横丁」

なんと入場料無料!ゲームセンター感覚で気軽に楽しめるテーマパーク

各種アトラクションの料金、詳細はホームページからご覧ください。やっぱり、乗ってみたいのは関門海峡を一望できる大観覧車ですね。スペースワールドがなくなった今、北九州市で観覧車に乗れるところと言えば、小倉のチャチャタウンくらいですから…。下関は北九州から歩いても行けちゃう、個人的には半北九州気分で楽しめるエリア[笑]。

まだ、行ってない場所がたくさんなので、今後もふらりと散歩しながら、気ままに記事にしていきます!お楽しみに[笑]!

その他、「行こう住もう」による天気の良い日に行きたい公園もチェックしておこう。

ササキが実際に散歩しているふらり女子さんぽ、他のエリア記事もおすすめ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

IKO-SUMO Seriesこの記事と同じシリーズ

このページの上へ