ふらり女子さんぽ

  • TOP
  • 小倉イルミネーション2019~灯る広がる光のまち~

小倉イルミネーション2019~灯る広がる光のまち~

インスタ映え ふらり女子さんぽ 小倉

行きたい街・住みたい街をテーマに街の魅力を紹介する「iko-sumo.jp」。こんにちは、ササキユウカです(^o^)/ 起業祭も終わり、いよいよ冬がやってくる北九州。小倉のイルミネーションも点灯を開始しましたね!イルミネーションといえば、真っ先に思いつくのはデートだと思いませんか?思いますよね[笑]早速、彼氏と秋の寒空のもと元気に巡って参りました[照]

小倉イルミネーション2019 ~灯る。ひろがる。光のまち。~

小倉駅前から中心市街地にかけて、小倉の町を美しく素敵にライトア〜ップ!

毎年、この季節になるとワクワク一色に染まる私。クリスマスまでの秒読み感…新しい年がやってくる刷新感、たまりません!何よりもイルミネーションが純粋に好きです!!いつもの景色なのにガラリと雰囲気も変わって…キラキラしていて…、何度見ても飽きずに眺めてしまう。

期間:2019.11.8.[金]~2020.1.13[祝/月] / 17:00~22:00

起業祭同様、北九州でのイベントが久しぶりだった私は、もうドキドキとワクワクが止まりません。

[過去の取材記事]
I ♡ ふるさと北九州…まつり起業祭八幡2019[記事はコチラ

冬にデートをするなら、イルミネーションは外せないっ!

寒さで潤んだ瞳に光るイルミネーション…彼のハートをぶち抜いちゃいましょうw

11月中旬、「まだまだ秋だ!」と思えど、最近の早朝と夜の寒さは身に染みるものがありますよね。冬に彼女とデートをして、「なんか今日、三割増しで可愛いな」と思ったことがある彼氏さん、大人しく手を上げてください。私も共感します…だって…

「寒い…」って肩をすぼめているから、全体的にいつもより一段と小さく見えるし、チークなのか寒さなのか、ほっぺたはほんのりと赤いし、乾燥からか目は潤んでるし、「あっためて」って手なんか繋がれたりしたら、イチコロですよね。それをわかってやったことがあるよーっていう彼女さん、静かに心の中で手を上げましょうw。と、このような感じで、冬の女の子は無敵なんですね。

そんな相乗効果にイルミネーションはもってこい!

日光や、自然光とは違う無機質でカラフルな光がそんな彼女を照らしてごらんなさい…ほらっ!彼女さん、めっちゃ幻想的でいつもより一層「離れたくない」感が溢れてくるはずw。触れてしまうと脆そうな彼女の雰囲気と周りの非日常感を演出してくれるイルミネーション。いつもとは一味も二味も違うデートになること間違いなし。

と、熱く語っていますが、これはあくまで私論なので、参考にする方は責任を負いかねます。ご了承くださいw。

これがリアルなイルミネーションデート

妄想でも真実(リアル)でも、恋人同士の充実した環境なのは保証しますw

小倉駅に集合して、まずは駅周辺のイルミネーションから見て回りました。「ここはいつも通りかな~」と思いながら足早に紫川の方面へ。もちろんイルミネーションを見に来ているので、小倉商店街を抜けて、井筒屋の方面も見に行ってくださいね。

私の中でハイテンションになるスポット。「彼氏とイルミネーション」っていう状況だけでも酔いしれそうなのに、それに火をつけるような甘〜いイルミネーションたち。糸島のフォトスポットのような大きな翼のイルミネーション、

毎年おなじみの大きなハートマークのイルミネーション。彼と同時にボタンを押してハートマークのイルミネーションをライトアップ(照)!今の時期だけのちょっと恥ずかしくて…盛り上がる演出!素敵な冬を彩るカップルたちは、列をなして大満喫のスポット!!

ピンク色のイルミネーション、大きな“KOKURA”の文字

「何だかレベルアップしてない…?」今年は去年より光っております

私の記憶が正しければ、紫川に掛かっている橋のイルミネーションは黄色だったと思うし、リバーサイドには紫色の玉状のイルミネーションはなかった気がします。あと大きな“KOKURA”の文字…これは一体何年前からあるんでしょうか。

私が高校生の頃は装飾されたベンチ的なのが置いていた気がします。この大きな“KOKURA”の文字のおかげでぐっと都会感でるんだな、なんて思いました。(笑)しかも様々な色に変化するから面白い。緑、青、赤etc…このグラデーションも綺麗なんて最高です。この大きなモニュメントの色が変わるから、周辺のイルミネーションはピンクと紫に統一されたのでしょうか。それだったら頷けますし、とても文字が写真映えしてくれるのでナイスアイディアだと思います!

心優しいカップルの方とツーショット写真を撮り合う、暖かい時間

「折角ならイルミネーションの写真欲しい。でも、周りの人に頼むのは苦手…」というあなた、きっと周りの人もそう思ってますよ

もとより、写真を撮らない私たちは、それこそ、そういう風に思っていました。

すると、隣でイルミネーションを見ていた違うカップルの方が、「写真撮ってもらってもいいですか」と声をかけてきたんです。純粋に「凄い…」と感心しつつ、折角撮るならと、何パターンか撮り、

カメラを返すときにふと「撮りましょうか」の一言…。

本当に助かる一言でございました。日本人あるあるなのか、ただの照れなのか分からなかった私の葛藤はその一言に救われました。イルミネーションバックのツーショット写真が一枚撮れるだけでも、今年の冬の思い出はぐっと深まる気がしませんか。2人の思い出が深まる物は誰だって欲しいものです。だからこそ、「写真撮ってもらってもいいですか」の少しの勇気が、2人の思い出をより良くするし、相手を見て「写真撮りましょうか」の少しの気遣いが、他の誰かの思い出をより良くしてくれるんですよね。私たちも、この冬に学ばせていただきました。(笑)

そして外せない小倉の名所!リバーウォークの中の巨大クリスマスツリー!!

この冬の素敵な思い出に、全力でおすすめさせていただきます!

浮かれるのはまだ早いのは分かっているけれど…これは見ていておきたいですね。もちろん、お友達と、ご家族と、お一人様でもふるって見に来てください。ペットの散歩がてらでも、ポケストップ回すついででも良いと思いますよ!(笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いたライター

ササキユウカ

北九州市八幡東区出身、現在は別府大学で女子大生やってます。歩くこと、話すこと、本を読むことが好き、憧れは「うる星やつら」のラムちゃん。いつか素敵な旦那様と一緒に暮らしながら楽しい毎日を送ることを夢見ています。

同じカテゴリーの記事

行こう住もう特集

同じエリアの記事

インスタ映え 北九州めぐり旅

編集部コラム

カフェの記事をまとめまてみした!

人気ランキング

【保存版】子供と遊べる北九州の公園15選!体験レポート
ロマンチックな高塔山の夜景と理想のプロポーズ
【話題】ゆったりくつろげるカフェと絶品ケーキ[サウスルーム]
お手頃!インスタ映えする隠れ家的な雑貨屋[Slow zakka shop Dimple*]
フランス洋菓子カヌレ専門店 デボラ[DEBORAH]