Loading...

海岸沿いのパティスリー 西洋菓子 欅[けやき]

行きたい街・住みたい街をテーマに街の魅力を紹介する「iko-sumo.jp」。こんにちは、ササキユウカです(^o^)/~暖冬とは言われていますが寒い日が続きますね。寒い日にはどうしても甘いものが食べたくなる。今回は、そんな甘い物好きさんにお勧めしたい北九州からほど近い[笑]別府の「西洋菓子 欅」さんについて紹介させていただきます。 

オーシャンビューで優雅な立地にある、おしゃれな西洋菓子屋さん

別府大学駅から徒歩5分、20172月にopenした、海岸沿いのパティスリー

開店当初から気にはなっていたものの…外観からお洒落すぎてなかなか入店することが出来なかった「西洋菓子 欅」さん。近くを通る時には、必ずと言っていいほどのぞいていました。

どうしてもここのケーキが食べたい欲求が高まり、この度…入店を決意!芳醇なバターと生地を焼いている素敵な香り。ケーキ屋さんとかパン屋さん独特の暖かい安心する香りが店内に立ちこめていました。

宝箱顔負けのケーキショーケース、輝きが宝石級

「どうぞ悩んでいってください」と言わんばかりのケーキたち、即決なんて出来るわけがない!

“苺のショートケーキ”、“チョコショートケーキ”、“チーズケーキ”などの王道ケーキから、“ラズベリーショコラ”、“ケイク・オ・ノア・バナーヌ”など「西洋菓子 欅」さんのオリジナルまで、種類豊富すぎて何から食べれば良いのか分からなくなります[汗]。

ショーケースの中でキラキラと待たれたら全部食べたくなること間違いなし。ついつい、この空間に住んでしまいたくなりますよね[笑]。「苺は好きだから外せない…でも…こっちも…あっちもいいなぁ…」なんて、何事も悩んでいる時間が一番楽しかったりしますよね[笑]。 

悩みに悩み「とりあえず」な所に戻る人間の性

王道のショートケーキとパンフレットの表紙を飾るラズベリーショコラに決定 

ショートケーキは初めてのお店だったら絶対食べる私。あと、気になっていたラズベリーショコラ。これはお店のパンフレットの表紙にも載っているケーキだったって言うのも決め手の一つ。ぱっと見ザ・ハトルテなんですが、違う…らしい。これは食べてみるしかないでしょう[興奮]!

白と赤のコントラストの流行って、きっとここから来てると思うのよ

甘さは控えめなのに満足度が高いショートケーキ、鎮座する苺は無論でしょ

甘さ控えめなスイーツに物足りなさを感じてしまうのは私だけでしょうか…。糖質オフとかカロリーハーフとか、まぁそろそろ意識しないといけないお年頃のなはわかっていますが…。ケーキくらい贅沢に食べたいと思うのは私だけでしょうか[力説]!

そんな私の意見に大賛成のアナタに全力でおすすめしたい!

こちらのショートケーキ、めっちゃ贅沢な美味しさ。生クリームは甘さが控えめなんですけど、スポンジがすごくしっかり味があってちょうど良い。上に乗っている苺は無論ですね。ショートケーキの苺って基本的に外れがないと思っています。ショートケーキ効果ですかね[笑]。 

チョコは濃厚、中のラズベリームースはあっさりあまずっぱい。最高の組み合わせ。

上に乗っているラズベリーとブルーベリーが誇らしげに輝くこちらのケーキ。そりゃこの見栄えなら、表紙も文句なしですね[笑]。チョコがトロ〜ッと輝いてていて、口の中で甘さがねっとり…舌先に絡んできます。それがしつこくならない、ラズベリームースの程よい酸味のおかけですね。甘酸っぱい初恋の味と称すなら、まさにこのムース[笑]。目にも、舌にも感激の一品です。 

冬ってどうして、こうも甘いものが食べたくなるのでしょうね、私だけかもしれないけれど…

クリスマスにケーキ、お正月は炬燵でみかんにアイス、ぜんざいも、バレンタインのチョコ…。毎日のルーティンで必ず登場する甘いもの。それは、夏よりも冬じゃないですか[独断]!私がアルバイトしているクレープ屋さんは夏より冬の方が売り上げが良いって言ってたし。きっとそういうことですよね[笑]。

甘いものを求めるってことは…ストレスとか疲れが溜まる時期ってことでもあるのかもしれませんね。年末の仕事納め、中には飲み会も億劫って人もいるでしょうし。仕事始めなんかきっと超ストレッサーでしょう。毎日寒いし、乾燥はするし、唇は荒れ放題になっちゃうし、風で前髪は吹き飛ぶし!甘いものでそのストレスが軽減されるなら、良いと思います。

頑張っている人こそ、甘いものを食べて、ちょっと良いこと見つけた気持ちになりましょう。甘いもの食べているときくらい日頃の自分を、だらっと甘やかせてあげてください。

寒い日も終りが来るので、とりあえずそれまでお互い頑張りましょう[笑]。

甘いものを食べたら、「行こう住もう」による天気の良い日に行きたい公園もチェックしておこう。

ササキが実際に散歩しているふらり女子さんぽ、他のエリア記事もおすすめ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

IKO-SUMO Seriesこの記事と同じシリーズ

このページの上へ