• TOP
  • うる星やつら1話の感想書いてみた!

うる星やつら1話の感想書いてみた!

 

この話がしたかった!!! そう、10月15日に放送が始まった『うる星やつら』。 お正月から色々と情報があり、夏頃に開始日が分かり、気づけばもう放送日!!! 今日はわたしの1人語り。うる星やつら1話の感想を述べさせてください。

『あんまりそわそわしないで』なんて言わないで!

まぁ、一言でいうなら控えめに言って最高。

そもそも『うる星やつら』というビッグネーム、良かれ悪かれたくさんの感想はある。

ただ、わたしは好きでした。控えめに言って『最&高』ってやつです。元からお正月に出ていたショートムービーの段階で声優さん本当に変わってる?というのがわたしの感想。 それだけピッタリだと個人的には思っています。

旧作も1話目のラムちゃんは、地球を侵略しにきたインベーダー。最初のラムちゃんはあたるくんに愛も情もないので、声のトーンが少し違う。 なので、1話目は特に『なんだか雰囲気が違う?』と感じた人も多かったのではないでしょうか。わたし的には今回はそのことも踏まえて『再現されてるなあ』と感動! 今後どんどんあたるくんに夢中なラムちゃんが出てきて、誰もが知っているあのラムちゃんになるんじゃないかなぁ?

と見始めた時には思っていましたが、後半には愛情いっぱいのラムちゃんがすでに登場しており、わたしはキュンキュン❤️これから仲睦まじいふたりを見ることができるのが本当に楽しみです!

ここが嬉しかった、原作リスペクトの喜び

声優さんの演技はもちろん、製作陣様様の演出も!?

次に旧作に対するリスペクトと、時代設定の変わってなさ。わたしはてっきりスマホ📱になってるものだと思っていましたが、まさかの黒電話にドラム缶テレビ。 いやぁ、いいですねぇ。好き。 うる星やつらの世界観がまんま原作なのが嬉しい。これに関しては製作陣の皆さんありがとうございました。

あと、みなさんが気になっているのはルーミックならではのお色気(?)シーンだと思いますが、流石にそこは現代のコンプライアンスに則り控えめでしたね。(笑) ラムちゃんのいっちょうらを剥ぎ取るシーンどうするんだろう?と思っていましたが、まさかの戦法。(笑)旧作より古典的な方法になっていて、あ、そんな感じになるのねwwとそこだけ新鮮な感じでした。

令和のラムちゃんもステキな魅力満載!

旧作ではできなかった髪の毛のグラデアレンジがステキすぎる!!!

あたるくんとの追いかけっこ後のラムちゃんも、なんだかまだまだヒロインというより当て馬感強めな気の強い感じ。どうにかこうにかあたるとしのぶを邪魔してやろうという正に悪女感がいいなぁ。

何より、旧作リスペクトは厚く感じますが、それだけじゃないのが、令和の『うる星やつら』。旧作ではできていなかったラムちゃんの髪の毛グラデが、ここにきて完璧に表現されていますね。本来ラムちゃんの髪の毛は虹色設定なので、これは嬉しいアレンジ。

EDの入りも『ラムのラブソング』を彷彿させながらも、イマドキですんごい耳に残るサビのテンポ。OPもEDもすごい見応え満載で、基本OP・EDスキップ派のわたしも毎回しっかり聴いてます。

 

 

ここからまた少しずつ新しくも愛とリスペクトを感じるうる星やつらが見れるのかとかなり楽しみになりました!!! まぁここまで長々と単なる感想文を読んでいただきありがとうございました。笑

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いたライター

ササキユウカ

北九州市八幡東区出身、行こう住もうの編集長。
休日は基本的にお外にいるお散歩リスト(osanporist)。
家にいるときは、食べ物か本か文章をイジってる。
最近はいちご飴と海ぶどうのASMRが好き。

行こう住もう特集

北九州の公園

編集部コラム

白湯をコンビニで買う時代に。

土地買取TVCM
キッズプロジェクト
マイクロツーリズム

東アジア文化都市 2020北九州

人気ランキング

【保存版】子供と遊べる北九州の公園15選!体験レポート
フランス洋菓子カヌレ専門店 デボラ[DEBORAH]
【話題】ゆったりくつろげるカフェと絶品ケーキ[サウスルーム]
お手頃!インスタ映えする隠れ家的な雑貨屋[Slow zakka shop Dimple*]
[保存版]テイクアウト北九州・宅配グルメまとめ