• TOP
  • 早起き、雪遊び、パン屋さん

早起き、雪遊び、パン屋さん

 

行きたい街・住みたい街をテーマに街の魅力を紹介する「iko-sumo.jp」

おはようございます。この冬一番の大雪、2日目ですね。小学生も、中学生も、学校はお休み。お仕事に行くみなさん、高校、大学?の登校しなければならないみなさん、今日も1日寒い中ちゃんと起きて素敵です。朝からお疲れ様です、難しいかもしれませんが、こういう日こそきちんと休みを取りながら、1日を過ごしてください。

とまぁ、そんな真冬の朝一番。これは今から4時間前の世界線。わたしは寒さに叩き起こされました。目が覚めた瞬間は二度寝を試みましたが、そんなわけにもいかず仕方なく…。(笑)そんなある雪の日の朝、カラダを暖めるために雪だるまを作ったわたしの話。

雪ではしゃぎだすのは子どもだけじゃない

時間を贅沢に使って、真っ白な雪をふんだんに使って、雪だるまつくろ〜♪

早起きしたわたしが、いそいそと雪遊びに出る準備を始めると、母親に「ま、朝から何しに行くのよ!手袋していきなさいよ!!!」と声をかけられました。我が母ながら止めません。(笑)

モコモコの上着、裏起毛のストッキングにズボン、ニット帽と、長靴を装着していざ出発。母親から渡された手袋を思い出し、着けようとしたら靴下だったことはここだけの話。

AM6時の雪遊び。まだ静かな銀世界をひとり、のびのびと闊歩します。

真っ白な雪のキャンバスに足跡をつける

はじめて のことってワクワクする、それはこんな小さなことでも

家を出て、「寒い」と小さくこぼしながらも、さながら3歳のように目が輝いた。普段からは考えられないくらい白い道路、その上にはまだ人が通った痕跡はなく、銀世界をひとりじめしているような気分に。

ぎゅみ、ぎゅみ、ぎゅみ、っと雪が話しかけてくるのが嬉しくて、わたしは無意識に歩く速度がいつもより早かった気がします。家の近くにある公園を何軒か通って、雪だるまを作ろうとしたけれど、「(きっと子どもたちが数時間後に遊びに来るよなぁ)」と思って公園の雪は譲ります。(笑)

これが23歳の雪遊びをする上で大切な心がけです。

雪の優先順位は小さな子どもなので、公園などの大きなところでは極力遊びません。

23歳はまんまるな雪玉を作ります

コツはある程度まとめたら、手の平で雪をコロコロさせる

力を入れてはいけません、雪玉は繊細なので優しく取り扱ってください。綺麗な雪の表面だけ取るように、手の平で雪をコロコロさせながら、ある程度大きくしていきます。

AM6時に道路でそれなりの女性がかがみこんで雪玉をつくっていたら怖いですよね。来年からは仲間を引き連れて行くことにします。(きっとそういうことではない)

完成したのがこちら、23歳なので、目とか鼻とかまであえてこだわりません。(すみません、飽きてしまっただけでした)

朝一番でしか開いていない地域のパン屋さんに

ずっと行ってみたかった、朝のお楽しみパン屋さん

母親に教えてもらいずっと行ってみたかった、地域のパン屋さん。どうやらなくなり次第終了になってしまうようで、夕方いっぱいまで開いていることはなかなかないようです。

かねこパン

ADDRESS:北九州市八幡東区前田2丁目4-16

OPEN:6:00~18:00(売切れ次第終了)

CLOSE:日祝

TEL:093-671-7919

入店すると、「いらっしゃいませ、おはようございます〜」とお腹に貼ってあるカイロより暖かく出迎えてくれました。「いやぁ、寒いですね〜」と柔和な笑顔のオーナーさん。

パンミミのラスクや、パンミミの詰め合わせがおいてある地域のパン屋さん。ちょっと小洒落たパン屋さんとはまた別の良さがあってわたしは大好き。

朝の7時ごろでしたが、店内はパンがほとんどおいてなく、人気なことがよくわかりました。

わたしが買ったのはラスク(¥100)、玉子サンド(¥100)、スコーン(¥70)、チョコスコーン(¥80)。スコーンたちは仕事の母に差し入れ。

ラスクはサクサク・パリパリで甘さ控えめ、パンミミのこうばしい香りが口の中に広がる。あつあつ濃いめのコーヒーと合わせていただきました。

玉子サンドはふわふわのもっこもこ。小さい頃に食べたことがあるような懐かしい気持ちになりました。

たまには童心に返って、めいっぱい遊び倒そう!

帰るとほっぺたがまっかっか、カラダは驚くほど暖かかった

パン屋さんから、大回りに大回りを重ねて、帰路につきました。おかげさまで家に帰る頃にはカラダもぽっかぽか。雪の日の朝がこんなにも寒くないなんて、カラダを動かすって偉大だなって思いました。

来年の冬はこんな朝に付き合ってくれる人大募集!(笑)ぐるりと地域を練り歩いて、道のわきで雪だるまつくって、朝一でしか行けないようなレアなお店に行って、次回はできれば日の出が見たい!(お正月の初日の出はトライしましたが、曇りで残念でした)

たまにはこんな1日の始まりがあってもいい。そうは思いませんか。

皆さんの1日が少しでも暖かいものになるように、祈っております。

 

合わせて「行こう住もう」によるマイクロツーリズム記事もチェックしておこう。おうち時間には、[保存版]テイクアウト北九州・宅配グルメまとめで美味しいひとときを

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いたライター

ササキユウカ

北九州市八幡東区出身、行こう住もうの編集長。
休日は基本的にお外にいるお散歩リスト(osanporist)。
家にいるときは、食べ物か本か文章をイジってる。
最近はいちご飴と海ぶどうのASMRが好き。

行こう住もう特集

北九州の公園

編集部コラム

35th記念の特別なわっしょい百万夏祭りに行こう!

土地買取TVCM
キッズプロジェクト
マイクロツーリズム

東アジア文化都市 2020北九州

人気ランキング

【保存版】子供と遊べる北九州の公園15選!体験レポート
フランス洋菓子カヌレ専門店 デボラ[DEBORAH]
【話題】ゆったりくつろげるカフェと絶品ケーキ[サウスルーム]
お手頃!インスタ映えする隠れ家的な雑貨屋[Slow zakka shop Dimple*]
[保存版]テイクアウト北九州・宅配グルメまとめ